行列の分散について

21 views (last 30 days)
Taiki Murakawa
Taiki Murakawa on 1 Oct 2018
Commented: Taiki Murakawa on 2 Oct 2018

現在、画像の輝度値の分散を求めることを目標に勉強しており、分散値を求めるvar関数について知りました。 そこで、ドキュメンテーションで調べていたら、行列の分散で以下のようなプログラムが記載されていました。

A = [4 -7 3; 1 4 -2; 10 7 9]; var(A)

ans = 1×3

   21.0000   54.3333   30.3333

これはどのような計算手順で求め、先のような答えになったのか分からないです。 ちなみに、分散の定義については理解しており、行列での求め方に困っている状態です。 分かる方ご教示願います。

Accepted Answer

Hirokazu Tanaka
Hirokazu Tanaka on 1 Oct 2018

var 関数や sum 関数もそうですが、行列に対して計算する場合には、基本的には縦方向、すなわち各列に対してそれぞれ計算します。

 A = [4 -7 3; 1 4 -2; 10 7 9];
 var(A)

と計算した場合には、[4,1,10] の分散、[-7,4,7] の分散、[3,-2,9] の分散がそれぞれ計算されています。

定義自体は https://jp.mathworks.com/help/matlab/ref/var.html の下部にあります。

  4 Comments
Taiki Murakawa
Taiki Murakawa on 2 Oct 2018
回答ありがとうございます。 無事に分散を求めることができました。 Image Processing Toolboxの方に関しては、もう少し検討させていただきます。
この回答を採用させていただきます。 本当にありがとうございました。

Sign in to comment.

More Answers (0)

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!