Spatial Contact Forceブロックで接触を表現するときの実行時間

3 views (last 30 days)
taichi muto
taichi muto on 12 Feb 2022
Edited: taichi muto on 14 Feb 2022
Spatial Contact Forceブロックで接触を表現しています.しかし,そうするとシミュレーションの実行時間がものすごく長くなってしまいます.これは接触問題を解くのに時間がかかるからですか?
また,剛体同士の接触をSpatial Contact Forceブロックで表現しない方法,あるいは実行時間を削減する方法はありますか?

Accepted Answer

Toshinobu Shintai
Toshinobu Shintai on 12 Feb 2022
仰る通り、Spatial Contact Forceブロックは場合によっては接触問題を解くのに時間がかかる場合があります。
R2021aで導入された Point Cloud ブロックは、Spatial Contact Forceブロックより簡易化されており、時間を削減できますので、試してみてはいかがでしょうか。
  3 Comments
taichi muto
taichi muto on 14 Feb 2022
Edited: taichi muto on 14 Feb 2022
詳しいご説明、誠にありがとうございます。
接触力の位置が急速かつ不連続に変化するため計算コストが重くなっていたのを、小さな球体を介して接触させることで急速かつ不連続な変化を回避している、ということですね。
大変勉強になりました。

Sign in to comment.

More Answers (0)

Products


Release

R2020a

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!